金とは|高価買取・ラフェスタ本八幡店(千葉県)

金とは

貴金属の一種で、元素記号はAu。材質は柔らかく、光沢があり、加工もしやすく非常に薄くのばすことができます。金属の中では最も薄くのばすことができ、1gあれば数平方メートルにもなり、長さにすると3kmにもなります

金は、密度の高い光沢のある黄色貴金属なため、人類の歴史を通じて、多くの時代と地域で価値の高いものとして認識されてきました。装飾品として人類に利用された最古の金属でもある金は、銀や銅などのように貨幣用(金貨)にも使用され、流通しています。品物やサービスの代価として全世界共通で認知され、世界の通貨としては1970年代でその役目を終えましたが、現在でも世界の金の45%は各国政府、中央銀行の資産として保有されています。

また金は熱伝導、電気伝導ともに優れた性質を持ち、空気では浸食されないことから、医術、エレクトロニクス分野などにも利用されています。他の金属と溶けやすい性質もあるので、混ぜて合金とすることが容易です。イエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールドなどもその一種です。

金の豆知識TOPに戻る